【おしゃれで機能的】サイクルウェアのおすすめブランド9選

サイクルウェアブランドのおすすめ9選をご紹介します!サイクルウェアといっても、サイクルジャージ・インナー・グローブなどその種類はさまざま。今回はサイクルウェアの種類や選び方と合わせて、カジュアルなサイクルウェアを販売するおすすめのブランドも紹介します。ぜひサイクルウェア選びの参考にしてみてください!

目次

  • サイクルウェアの5つのメリット
  • サイクルウェアの種類
  • サイクルウェアの選び方
  • サイクルウェアブランドのおすすめ9選
  • 自分好みのサイクルウェアを見つけよう!

サイクルウェアの5つのメリット

動きやすく、空気抵抗を抑える

ロードバイクで疾走する男性の画像

サイクルウェアは普段着よりもピタッと体にフィットし、空気抵抗を減らしてくれるので、向かい風のなかでもより楽に自転車を漕ぐことができます。

また、サイクルウェアは動きやすさにも配慮されているため、サイクリング先で別のアクティビティなどを楽しむことも可能です。

前傾姿勢に配慮した丈の長さ

ロードバイクに乗る男性の後ろ姿の画像

ロードバイクなどで前傾姿勢を取ると、シャツの前部がダラっと余り、後部は丈が足らずに背中が出てしまうこともありますよね。こうした点にも配慮して、サイクルウェアでは前部の丈は短め、後部の丈は長めに設計されています。

ウェアに小物を収納できる

背中にポケットがつくサイクルウェア

出典:Amazon

サイクルウェアの多くは背中にポケットがついています。スマホや財布、補給食などをポケットに収納すれば、その場でサッと取り出すことができます。

ちょっとしたサイクリングなら、バックパックやサドルバッグも必要とせず、身ひとつで出かけられます。

視認性を高める

夜にロードバイクに乗る男性の画像

サイクルウェアには夜間でも車から見えやすいように、車のライトに反射して光るテープやロゴがついているものもあります。あえて明るい色のウェアを着用することも、身を守るためには効果的です。

街乗りに合うカジュアルなウェアも

ベンチに腰かける男性の画像

サイクルウェアと聞くと、いかにもレーサーを思わせるピチピチの服を想像するかもしれません。しかし、今はそのままお店に入っても恥ずかしくないような、カジュアルなデザインのサイクルウェアも多く販売されています。

お洒落に着飾ると同時に、快適な走りも手に入れられるので、ボディラインが目立つ服に抵抗がある人にもカジュアルなサイクルウェアはおすすめです!

サイクルウェアの種類

サイクルウェアというと一般的には上着やアウターを指しますが、実はそれ以外にも自転車に特化したウェアはあります。

シャツ

サイクルウェアを着てグッドポーズをとる男性の画像

サイクルウェアのなかでも個性が出やすいシャツです。空気抵抗を極限まで減らしてくれるサイクルジャージから、街乗りに合うジャケットタイプまで幅広いモデルがあります。

インナーシャツ

黒いサイクルウェアを着て自転車に乗る男性の画像

シャツやジャージの下に着用する自転車用のインナーもあります。吸汗・速乾性に優れた夏用の半袖インナーや、防寒優れた冬用の長袖インナーなど、季節ごとに適したインナーが用意されています。

サイクルパンツ

サイクルパンツ

出典:Amazon

サイクルパンツも快適な走行にとって大切なアイテムです。サドルによるお尻の痛みを軽減するパット付きのサイクルパンツや、長時間の前傾姿勢をサポートする肩ひも付きのビブショーツなど、様々な種類があります。

サイクルグローブ

カラフルなロードバイクの画像

長時間のサイクリングなどにはサイクルグローブも欠かせません。ハンドルのグリップ力を増すだけでなく、手のひら部分のクッション素材は地面からの衝撃を吸収してくれるため、より快適なハンドル操作が可能になります。寒い季節には防寒アイテムとしても活躍します。

 

▼▼サイクルグローブの詳しい記事はこちら▼▼

 

アームウォーマー、レッグウォーマー

自転車用アームウォーマーの画像

出典:楽天市場

半袖では少し寒い季節に活躍するのが、アームウォーマーやレッグウォーマーです。着脱も簡単で、春先や秋口でも体を冷やすことなく走れます。UVカット機能付きのウォーマーなら、寒さ対策と同時に紫外線対策も可能です。

サイクルキャップ

サイクルキャップの画像

出典:Flicker/Ryoichi Tanaka

直射日光から頭部を守るサイクルキャップ。一般的なキャップとは異なり、前傾姿勢でも視界を遮らないようツバが短くなっているのが特徴です。熱中症対策だけでなく、キャンプやフェスなどで普段使いできるオシャレなキャップも多数販売されています。

 

▼▼サイクルキャップの詳しい記事はこちら▼▼

 

ネックウォーマー

ネックウォーマーの画像

防寒対策には欠かせないネックウォーマー。首元だけでなく、頭から被って顔全体を保温してくれるフェイスマスクタイプも人気です。

走行時に息苦しくならないよう、鼻と口の部分だけメッシュ素材になっているネックウォーマーもあります。

 

▼▼ネックウォーマーの詳しい記事はこちら▼▼

サイクルウェアの選び方

ここからは自分に合ったサイクルウェアの選び方について解説します!

季節に合った素材のウェアを選ぶ

●暑い季節は吸湿速乾やUVカットのウェア

汗をかきながら水を飲む、ロードバイクにまたがった男性の画像

暑い季節は日差しから肌を守るため、UVカット機能付きのサイクルウェアがおすすめ。加えて、サイクルキャップやアームカバーを装着すれば、紫外線から顔や腕を守ることができます。

また、インナーには吸湿速乾性に優れたメッシュ素材やポリエステル素材のものを選ぶと、暑さ対策にもなり、汗の不快感も軽減できます。

 

●寒い季節は防音性や防風性に優れたウェア

冬の山道を自転車で走る老人男性

寒い季節に着用するシャツやアウターを選ぶ際は、保温性に優れた裏起毛やウール素材のものを選びましょう。また、手のかじかみは誤ったハンドル操作にもつながるため、手先を保温するサイクルグローブも持っておいて損はありません。

首元を温めるネックウォーマーや足元の冷えを防ぐシューズカバーなども防寒対策にはおすすめです。

価格帯で選ぶ

パソコンで買い物をする女性の画像

サイクルウェアは安いものだと2000円前後、高いものだと数万円するものもあります。そのなかでも、サイクルウェア初心者の方には1万円前後のウェア(アウター)がおすすめです!

あまりにも安すぎるウェアは長持ちしませんが、いきなり高価なものを選んでしまうと、失敗した時の代償も大きくなります。

1万円前後のウェアなら耐久性も十分にあり、自分好みのデザインも比較的簡単に見つけられます!

好みのサイクルウェアブランドで選ぶ

アウトドアショップで服を選ぶ男性の画像

お気に入りのブランドからサイクルウェアを選ぶのも1つの方法です。ピチピチの服はボディラインが浮き出るからちょっと…という方には、カジュアル志向が強い以下のブランドをおすすめします。

 

●Maap(マープ)
●mont-bell(モンベル)
●7Mesh(セブンメッシュ)
●Winner(ウィナー)
●TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)
●Valette(バレット)
●NARIFURI(ナリフリ)
●PANDANI(パンダーニ)
●PEdAL ED(ペダレッド)

 

上記ブランドは普段着に近いカジュアルなサイクルウェアも多数取り揃えており、本格派ではない自転車乗りの方に適しています。これらのブランドのおすすめサイクルウェアは記事下部でご紹介します!

できれば試着してから購入しよう

スポーツショップで服の試着を試みる男性の画像

できればサイクルウェアも試着してから購入したいところです。サイズが大きすぎると、服の余った部分が風の影響を受け、走りやすいというサイクルウェアの良さも発揮できなくなります。

ネット通販で購入する際は、採寸しながら体にフィットするサイズを選ぶようにしましょう。

 

それでは次ページでおすすめブランドをご紹介!

 

サイクルウェアブランドのおすすめ9選

最後に、9つのブランドごとのおすすめサイクルウェアをご紹介します!

rin project

rin project(リンプロジェクト)は「自転車に乗るとき、こんな服があったらいいな」という想いから生まれたブランド。シーンを選ばずオシャレ度をアップしてくれるカジュアルなサイクルウェアが魅力的です。

ITEM
リンプロジェクト ジップポロシャツ
素材:綿54%、ポリエステル46%
サイズ:M、L

バックポケット付きのジップポロシャツ。リンプロジェクトの真骨頂ともいえる“サイクルウェアには見えないデザイン”が体現されたアイテムです。

ITEM
リンプロジェクト ストレッチサイクルショートパンツ
素材:コットン95%、ポリウレタン5%
サイズ:XS、S、M、L、XL

ペダリングを妨げないフォルムに、ストレッチ生地を使用したショートパンツ。サドルと接する部分は2重に補強されているため、お尻の痛みも軽減されます。

ITEM
リンプロジェクト サイクルメッシュグローブ No.8001
素材:綿100%
サイズ:SS、S、M、L、XL

通気性に優れたメッシュ素材のサイクルグローブ。ポップなデザインとは裏腹に、手のひら部分にはグリップ力を高める本革を使用しています。

 


mont-bell

全国展開するアウトドアブランド・mont-bell(モンベル)からも、サイクルウェアが多数販売されています。

ITEM
mont-bell メリノウールプラス サイクルジャージ
素材:メリノウール、ポリエステル
サイズ:S、M、L、XL

冬場の寒さをもろともしないmont-bellのサイクルジャージです。前面にはメリノウール素材、背面にはポリエステル素材を使用。保温性と蒸れにくさを両立することで、長時間の走行も快適にサポートしてくれます。

ITEM
mont-bell トレールライド サイクルグローブ
素材:ナイロン95%、ポリウレタン5%
サイズ:XS、S、M、L、XL

手の甲側には通気性に優れたポリエステルを使用し、親指部分には汗をぬぐうのに便利なパイル地を使用するなど、機能面で痒い所に手が届くサイクルグローブです。

ITEM
mont-bell サイクルレインパンツ
素材:ポリエステル
サイズ:XS、S、M、L、XL

ハイレベルな防水透湿性を誇るゴアテックスを採用したレインパンツ。徹底した防水・撥水処理が施されているため、悪天候時のサイクリングには心強い味方となります。

 


Rapha

イギリス発祥のサイクルウェアブランド・Rapha(ラファ)。左腕に入った1本帯のデザインは、見る人が見ればすぐにRaphaだと分かるほどの知名度と人気を誇ります。

ITEM
Rapha クラシック サイクルジャージ
サイズ:M

ラファのベストセラーともなっているクラシックジャージ。ゆったり目のフィット感なので、ボディラインの目立つ服に抵抗がある人におすすめです。

ITEM
RAPHA サイクルパンツ
サイズ:30

普段使いもできるカジュアルなサイクルパンツ。一見すると分かりませんが、サドルに接する部分もバッチリ補強されています。

 


7Mesh

7MESH(セブンメッシュ)は「より快適でデザイン性の高いウェアで自転車に乗りたい」という声に応えるオシャレなサイクルウェアを販売しているブランドです。

ITEM
7mesh Mission Jersey Black
素材:ポリエステル100%(ボディ)
サイズ:XS、S、M、L

高い通気性と保温性をもつサーマルジャージ。バックポケットはグローブをしたままでも開けやすいように配置され、内側には2か所のスマートフォンスリーブも搭載されています。

ITEM
7mesh FLIGHTPATH SHORTS
素材:ナイロン50%、ポリエステル43%、エラスタンダブルウィーブ7%
サイズ:XS、S、M

摩擦や擦れに強い素材を使用したハーフパンツ。サイクリング先でのキャンプやボルダリングなど、アウトドアシーンでも活躍します。

ITEM
7mesh Eldorado Shirt
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、S、M、L

軽量かつ通気性に優れたポリエステル100%のサイクルシャツ。自転車を降りた際にもハイパフォーマンスを発揮する“動きやすさ”が魅力的な1枚です。

 


パールイズミ

パールイズミは自転車ウェアの製造を主とする日本のサイクルウェアブランドです。各アイテムの優れた機能性から多くの人気を集めています。

ITEM
パールイズミ オルタナ サイクルジャージ
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、S、M、L、XL

春先や秋口に活躍するサイクルジャージ。冬にはインナーとしても使用できます。バックポケットに加え、胸にもジップ付きのポケットを搭載。夜間の視認性を高める再帰反射ロゴがついているのも嬉しいポイント。

ITEM
パールイズミ ウィンドブレーク ウィンターグローブ
素材:起毛フリース素材
サイズ:S、M、L、XL

防風性能に優れた冬用のサイクルグローブ。指の動かしすさにもこだわって設計されているため、防寒しながらいつもと変わらないハンドル操作が可能です。

ITEM
パールイズミ テーパードバイカーズパンツ
素材:コットンほか
サイズ:S、M,L、XL、3L

普段着の感覚でコーディネートできるテーパードパンツ。裾部分には視認性を高める再帰反射テープや、裾を絞れるヒモをつけるなど、パールイズミならではの機能面も健在のアイテムです。

 


カペルミュール

カペルミュールは“街中に溶け込む大人のサイクルスタイル”をテーマに、これまでに数多くのカジュアルなサイクルウェアを手がけてきたブランドです。

ITEM
カペルミュール 長袖シャツジャージ ヘリンボーンストライプ
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS、S、M、L、XL、WL

一般的なサイクルジャージよりもゆったりとした着心地が特徴的なカジュアルシャツ。高い吸汗速乾性を発揮しながらも、自転車に乗っていないときのオシャレ着としても使えます。

ITEM
カペルミュール ストレッチクロップドパンツ
素材:ナイロン90%、ポリウレタン10%
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL

スッキリ細身のシルエットにストレッチ素材を採用することで、ペダリングを妨げないサイクルパンツ。普段着との相性も良く、シーンを選ばずに活躍してくれます。

ITEM
カペルミュール デニムグローブ
素材:人工皮革、綿、ポリウレタン、ポリエステル
サイズ:XS、S、M、L

デニム素材を使用したカジュアルなサイクルグローブ。グローブを着けたままでも指紋認証を含むタッチスクリーン操作が可能です。

 


narifuri

narifuri(ナリフリ)は自転車に乗ることを想定した機能性と、街に溶け込むデザイン性を両立したサイクルウェアブランドです。

ITEM
narifuri メッシュパネル サイクルポロシャツ
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、XL

カジュアルながらも大容量のバックポケットを備えたポロシャツ。高い吸水速乾性を持つため、春先から夏にかけて着たい1枚です。

ITEM
narifuri バイクパンツ NF649
素材:綿98%、ポリウレタン2%
サイズ:XS、S、M、L、XL

デイリーユースも可能な8分丈のサイクルパンツ。ヒザの丸みや両脇のスマートフォンポケットなど、自転車に必要なディティールも兼ね備えています。

ITEM
narifuri ポケッタブル インナーベスト
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L

一見するとサイクルウェアには見えないインナーベスト。スーツやジャケットにも合うシックなデザインですが、しっかりバックポケットも搭載されています。

 


Valette

Valette(バレット)は東京に本社を構えるサイクルウェアブランドです。本格的なサイクルジャージからカジュアルなサイクルジャケットまで幅広いモデルを販売しています。

ITEM
Valette サイクルTシャツ DENIM
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、XL

ナノテクノロジー技術を採用した超消臭のサイクルTシャツ。汗のニオイが気になる人におすすめです。街乗りや普段着として着用するのもアリ。

ITEM
VALETTE Arnolds ポケパーカー
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、XL

コットンのような優しい肌触りを持つ、バックポケット付きのパーカー。ボトムスを選ばないデザインなので、街乗り・通勤・アウトドアなど、これ1枚で多くのシーンを乗り切ることができます。

ITEM
VALETTE テーパードサイクルスウェット グラデーション
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、XL

グラデーションが映えるスウェットタイプのサイクルパンツ。ペダリングの際に裾がチェーンリングに触れないよう、足先が細いシルエットになっています。

 


MAAP

メルボルン生まれのサイクルウェアブランド・MAAP(マープ)。スタイリッシュなデザインに、高い機能性を兼ね備えたサイクルウェアが多数販売されています。

MAAPのサイクルジャージ

通気性の高い4つの軽量生地を組み合わせて作られたサイクルジャージ。日差し対策としてバックパネルにはSPF50の生地を使用しています。動きやすくて日焼けしにくい、まさに夏場にはもってこいのサイクルウェアです。

MAAPのサイクルジャケット

折りたたんで持ち運べるほどのコンパクトさを兼ね備えたライトジャケット。完全防風・完全防水のため、気候が変わりやすい季節には高いパフォーマンスを発揮します。

MAAPのサイクルグローブ

風や雨に強いネオプレン素材を使用したサイクルグローブ。0~10℃の気温に対応し、手がかじかむのを防いでくれます。グローブをつけたままスマートフォンを操作することも可能です。

 

MAAP公式Webサイトはこちら

自分好みのサイクルウェアを見つけよう!

シャツやインナー、グローブなどのサイクルウェアは、自転車の走りに確かな違いを生み出してくれます。

自分好みのサイクルウェアを選んで、今まで以上に快適な自転車ライフを送りましょう!

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部