【未来が来たぞ!】新しいe-BIKE「TURBO CREO」がSPECIALIZEDから登場

SPECIALIZEDから、ついに日本でもe-BIKEのロードバイク「TURBO CREO(ターボ・クレオ)」が登場です!2020年春に発売予定で、上りを平らに感じさせ、向かい風も余裕の表情で突き進む、普通のロードバイクとはまったく違う乗り物。早速、ご紹介しましょう!

目次

  • e-BIKEだと忘れるほどの軽さと充実の装備
  • スムーズ&静か&パワフルなモーター
  • 走行可能距離は最長で約193km!
  • トップチューブ上の画面で走行モードを管理
  • アプリでライドの記録や充電の管理も
  • ラインナップは全部で5台!
  • 気になる発売時期は?
記事内画像提供:SPECIALIZED

e-BIKEだと忘れるほどの軽さと充実の装備

e-BIKEだと忘れるほどの軽さ

今回発表された「TURBO CREO(ターボ・クレオ)」は、ロードバイク、グラベルロードタイプなど、合計5種がラインナップ。全ての車種でフレームに「FACT11rカーボン」、路面からの衝撃を吸収する「Future Shock 2.0」が装備されています。また車重もe-BIKEとは思えない軽さに仕上がっており、TOPモデルの、S-Works Creo SLは、重量わずか12.2kg!高い操作性と快適性が約束されたラインナップと言えるでしょう。気になる価格帯は、67万円から135万円となっています。

 

スムーズ&静か&パワフルなモーター

搭載されるモーターやシステムは、スペシャライズドの自社開発システム。その、240ワットのスペシャライズド SL 1.1 モーターは、漕ぐ力をアシストし、非常に静かです。ケイデンスがもっとも効率的となる毎分60から100回転の時にアシストを最大限発揮できるよう設計されているため、あたかも脚に超人的能力が備わったかのように感じることでしょう。

 

走行可能距離は最長で約193km!

ダウンチューブ内に内蔵されたバッテリー単体で、最長約130キロの走行が可能です。また「レンジエクステンダー」(S-Worksモデルでは付属。他モデルは別購入)を使えばさらに65km。合計約195kmの走行が可能になります。内蔵バッテリーの充電は最短で2時間35分で完了です。

 

トップチューブ上の画面で走行モードを管理

アプリでライドや充電管理も

トップチューブには3種の走行モードをコントロールする「Turbo Control Unit」を配置。2個のボタンとバッテリー残量を示す画面があります。下側のボタンは電源ボタン、上側のボタンで走行モードを切り替えます。走行モードは「ECO」、「SPORT」、「TURBO」の3種類です。

 

アプリでライドの記録や充電の管理も

専用のスマートフォンアプリ「Mission Control」では、走りたい距離や時間、ライド後に確保しておきたいバッテリー残量などを入力をできます。この数値を入力するとライド中、10秒毎にバイクの状況を確認するアルゴリズムが動き、バッテリーを管理。また各種走行モードのアシスト力などを調整することができます。さらに各種数値をANT+対応のコンピュータに送信するパワーメーターも内蔵しています。

 

ラインナップは全部で5台!

今回発表されたはの、ロードバイク、グラベルロードバイクタイプと合わせて5台!さっそく見ていきましょう。製品名に「EVO」が入るモデルはグラベルタイプで、ドロッパーシートポストやフロア形状のハンドルバーなどが採用されています。

S-WORKS TURBO CREO SL

S-WORKS TURBO CREO SL

S-WORKS TURBO CREO SL

S-WORKS TURBO CREO SL

 

●価格:1,485,000円(税込み)

●サイズ:S、M、L

 


TURBO CREO SL EXPERT

TURBO CREO SL EXPERT

TURBO CREO SL EXPERT

TURBO CREO SL EXPERT

●価格:990,000円(税込み)

●サイズ:XS、S、M、L

 


TURBO CREO SL EXPERT EVO

 

TURBO CREO SL EXPERT EVO

TURBO CREO SL EXPERT EVO

●価格:990,000円(税込み)

●サイズ:XS、S、M、L

 


TURBO CREO SL CARBON

 

●価格:737,000円(税込み)

●サイズ:XS、S、M、L

 


TURBO CREO SL COMP CARBON EVO

●価格:737,000円(税込み)

●サイズ:XS、S、M、L

気になる発売時期は?

日本での発売は4月発売予定となっていて、スペシャライズド正規販売店のなかから、特別なトレーニングを受けた Turbo取り扱い店舗、またはオンラインストアで購入が可能になります。

販売店など、より詳細の情報は、以下の公式サイトから確認ができます。今すぐチェック!!!

 

SPECIALIZED「TURBO CREO」製品公式ページはこちら

 

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏