タフで無骨なWTBのサドル。その魅力とおすすめモデルをご紹介します。

速さを求めて走るのではなく、ゆったりとしたツーリングやキャンプライドのスタイルに合ったサドルをお探しの方に、おすすめしたいのがWTBのサドル。MTBパーツメーカー「WTB」のおすすめサドルや魅力をご紹介します!

目次

  • MTB向けパーツメーカーのWTB
  • WTBのサドルの魅力と特徴をご紹介!
  • WTBのサドルのオススメモデル
  • 気になる2020年最新ラインナップ
  • WTBのサドルでよりアクティブなスタイルに

MTB向けパーツメーカーのWTB

top

撮影:筆者

WTB(Wilderness Trail Bikes)は、1982年にアメリカ・カルフォルニアで生まれたMTB向けのパーツメーカーです。1980年代、アメリカで起きたMTBブームによって、自転車の各パーツは耐久性や信頼性が高く求められました。

 

WTBはそこから約30年間、頑丈でタフな、タイヤ、リム、サドルを提供してきた実績あるメーカーです。

 

オフロードを走る「ロードプラス」を提唱するWTB

突然ですが「ロードプラス(ロード+)」という言葉を知っていますか?

 

「ロードプラス」は、ロードバイクで一般的な大きさの700Cのホイールを装着するフレームに、650b×47cの、小さいホイール&太いタイヤを装着した、自転車のスタイルを指す言葉です。このスタイルを提唱したのが「WTB」で、ロードバイクでもクッション性が高いタイヤで、ダートやグラベル(砂利道)を楽しもうという考え方です。

 

メーカーの域を超えて、走り方も提案するWTBは、オフロードスタイルの楽しみ方を考え抜いているブランドと言えるでしょう。

 

撮影:筆者

ロードレースなどの競技向けではなく、ちょっとしたオフロードをより快適に走りたい人やツーリング向けの発想のロードプラス。

 

ロードバイクやクロスバイクなど車種に関係なく、リラックスしたサイクリングで景色を楽しんだり、観光の足として快適に自転車を楽しむ人には、WTBのサドルはぴったりでしょう。

 

WTBのサドルの魅力と特徴をご紹介!

撮影:筆者

そんな「ロードプラス」の思想が反映されたWTBサドルの魅力を、筆者が愛用している「PURE V」で、ご紹介します!

 

「PURE V」は、乗り心地に定評がある通称「ソファーサドル」と呼ばれるサドルです。

 

撮影:筆者

前方が下に伸びたシルエットのフロントに、ボリューム感のあるリアで前後に大きくカーブしたフォルム。前後の高低差のおかげで登り・下りのポジションの変化もすっぽりと収まり、快適にライドできます。

 

撮影:筆者

まるで鯨が尾をひろげたような両サイドが盛り上がった独特のデザイン。

 

撮影:筆者

デリケートなゾーンに負担がかからない「コンフォートゾーン」という独自のクッションシステム。ダートなどの未舗装路の体への負担を減らしてくれます。実際、筆者も荒れた路面を通過する“怖さ”が軽減しました!

 

撮影:筆者

リアには、ABRコーナーというケブラー素材が使われていて、転倒時の破れを防ぎます。このあたりも、MTBにルーツを持つメーカーらしいポイントです。

ITEM
WTB PURE V
レール素材:クロモリ
サイズ:148×273mm
重量:310g

 

愛車がアメリカンスタイルな雰囲気に

撮影:筆者
ツーリング向け、特にランドナー的なバイクの定番といえば、BROOKSのサドルがあります。筆者もBROOKSの革サドル「B17」を長い間装備して、そのクラシカルなヨーロッパテイストを楽しんできました。

 

しかし、実際はバイクパッキングで一泊するツーリングなどの楽しみ方が多く、BROOKSのB17も長年の使用でお尻に革が馴染んでいたものの、未舗装路での地面からの突き上げに悩まされていました。また、パッキングも大型サドルバックを使ったスタイルでサドルだけが微妙にクラシカルな印象でした。

 

そこで「PURE V」に変更すると痛みは解消され、バイクパッキングを楽しむ「アメリカンなアクティブスタイル」の自転車にアップデートができました。

 

WTBのサドルのオススメモデル

それではMTB的な「アメリカン」な雰囲気を醸し出す、WTBのおすすめモデルをご紹介します!

WTB/PURE V

ITEM
WTB PURE V
レール素材:クロモリ
サイズ:148×273mm
重量:310g

ソファーのようなふかふかの乗り心地が魅力のモデルです。

 


WTB/SL8 Pro

ITEM
WTB SL8 Pro
レール素材:クロモリ
サイズ:127×255mm
重量:203g

軽量な細身のボディはロードバイクにもぴったりでしょう。

 


WTB/High Tail Pro

ITEM
WTB High Tail Pro
レール素材:クロモリ
サイズ:128×255mm
重量:221g

短めのテールでより、アグレッシブルなレーシングモデルです。

 


WTB/Silverrado Race

ITEM
WTB Silverado Race
レール素材:クロモリ
サイズ:133x274mm
重量:249g

広めの座面に、細いノーズがスムーズなペダリングをアシストしてくれるでしょう。

 


WTB/Volt Pro

ITEM
WTB Volt Pro
レール素材:クロモリ
サイズ:135X260mm
重量:217g

MTBエンデューロやオールマウンテンに最適な1台。

 

気になる2020年最新ラインナップ

出典:Facebook/WTB Japan

2020年モデルはデザインを一新。従来モデルより、タフなイメージは少し減り、スマートでスタイリッシュ外観になりました。特に従来はベースがブラックでもロゴなどに差し色が使用されていましたが、モデル名も含めてブラックで統一されており、どのような車種でもマッチするデザインがラインナップされました。

WTB/SL8 Cromoly Medium

ITEM
WTB/SL8 Cromoly Medium
●重量:261g

グラベルからエンデューロまで様々なシーンで心地よい乗り心地が期待できるでしょう。

 


 

WTB/Silverado Cromoly Medium

ITEM
WTB/Silverado Cromoly Medium
●重量:270g

ゆったりとしたグラベルやアドベンチャーロードでにおすすめのモデルです。

 


 

WTB/Pure Steel Medium

ITEM
WTB/Pure Steel
●重量:345g
マウンテンやトレイル向けで、ドロップノーズが特徴的なモデルです。

 

WTBのサドルでよりアクティブなスタイルに

撮影:筆者

グラベルロードやトレイルで、景色や自然の美しさを楽しむスタイルにWTBのサドルは良く似合います。

 

タフで無骨なアウトドアテイスト溢れるWTBのサドルは、自転車をより自然に近いアクティブな存在にしてくれるでしょう。

 

WTB日本公式サイトはこちら

 

★★CYCLE HACKサドル関連記事はこちら★★

紹介されたアイテム

WTB PURE V
サイトを見る
WTB PURE V
サイトを見る
WTB SL8 Pro
WTB High Tail Pro
WTB Silverado Race
WTB Volt Pro
WTB/SL8 Cromoly Medi…
WTB/Silverado Cromol…
WTB/Pure Steel
サイトを見る

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
NMD
NMD

登山からキャンプを中心とした趣味フィールドを広げるなかでアウトドアのツールがそのまま活かせるツーリングライドに目覚めました。バイクパッキングを中心にアウトドアにおける自転車の情報をお届けできればと思っています。