サイクルベースあさひがJBCFとオフィシャルパートナー契約を締結

快適な自転車ライフを提供する自転車専門店の株式会社あさひは、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)と、オフィシャルパートナー契約を締結!今回のJBCFとのオフィシャルパートナー契約の締結を通して、国内最高峰の自転車ロードレースをサポートし、今後の日本国内における自転車競技の普及と、スポーツ自転車ファンの盛り上がりに寄与をしていく。また、2021年の新リーグ設立に伴い、世界で活躍できる選手の育成が期待されます。

目次

  • サイクルベースあさひのパートナーとしての活動
  • JBCF(一般社団法人 全日本実業団自転車連盟)とは
アイキャッチ画像提供:株式会社あさひ

サイクルベースあさひのパートナーとしての活動

自転車専門店の株式会社あさひ

提供:株式会社あさひ

全国に470店舗以上の自転車専門店を展開するあさひは、この度のJBCFとのオフィシャルパートナー契約の締結を通して、 国内最高峰の自転車ロードレースをサポートさせていただき、 今後の日本国内における自転車競技の普及と、 スポーツ自転車ファンの盛り上がりに寄与したいと考えております。

今後、JBCFのオフィシャルパートナーとして大会ブース出展や、来場客に向けたスポーツ自転車のPRなどを実施予定です。

JBCF(一般社団法人 全日本実業団自転車連盟)とは

一般社団法人 全日本実業団自転車連盟(JBCF)

提供:株式会社あさひ

日本最高峰のトップ選手が戦う『Jプロツアー』。初心者からプロを目指す選手まで、幅広いレベルの選手が戦う『Jエリートツアー』。女性選手が戦う『Jフェミニンツアー』。18歳以下の男子選手が戦う『Jユースツアー』。

これらのすべてを統括し、自転車ロードレースを愛するすべての人のためにあるのが、JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)です。日本最高峰の18チームによって争われる『Jプロツアー2019』では、全国各地15会場、23戦を開催予定。国内トップ選手と外国人選手が、年間総合優勝の証、プロリーダージャージを目指し激闘を繰り広げ、最高速度は時速60km、年間シリーズの総走行距離は約1,850km(2018シーズン実績)にのぼります。

設立:1967年3月(法人設立:2011年1月)

理事長:片山右京

加盟競技者数:326チーム、2861人(2018年11月末現在)

年間大会数:ロードレース43大会、トラックレース3大会、市民レース8大会(2018年実績)

JBCF公式:サイト

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏