本来の走りを取り戻せ!自転車のチェーンオイルおすすめ10選

快適なサイクリングやツーリングには欠かせない自転車のチェーンオイル。自転車の性能を最大限発揮するためにチェーンオイルを使ったメンテナンスは欠かせません。今回はそんなチェーンオイルの選び方やおすすめのチェーンオイル10選を紹介します!

目次

  • 自転車の本来の性能を発揮するチェーンオイル
  • チェーンオイルの使い方を4つのステップで解説
  • チェーンオイルの選び方
  • 自転車のチェーンオイルおすすめ10選
  • チェーンオイルで快適な走りを取り戻そう!

自転車の本来の性能を発揮するチェーンオイル

チェーンオイルで自転車のメンテナンスをしている画像

チェーンオイルとは、潤滑油としてチェーンの動きを滑らかにする油のこと。チェーンオイルをさすことで、自転車の本来の走りを取り戻すことができます。

さらにチェーンオイルには金属をコーティングし、サビの原因になる雨や酸などからチェーンを守る働きも。自転車の寿命を延ばす役割もあるので、快適に自転車を乗るためには欠かせないアイテムです。

チェーンオイルの使い方を4つのステップで解説

チェーンオイルを使ったメンテナンスの手順を簡単に解説します!

チェーンの汚れを落とす

自転車のチェーンを磨いている画像

まずはチェーンの汚れを落とします。専用のクリーナーを使うなどして汚れを落とします。チェーンオイルの性能を発揮するためにも、古い汚れをきちんと落としましょう。

チェーン1コマずつに注油する

自転車のチェーンにチェーンオイルをさしている画像

続いて、チェーン1コマずつにオイルを注油します。1コマずつ丁寧にオイルを注入し、チェーン全体にオイルを行き渡らせます。

ゆっくりとクランクを回す

自転車のメンテナンスを行っている男性の画像

注油後はゆっくりクランクを回すことで、注油したオイルをチェーン内部に染み渡らせることができます。スムーズにクランクが回る事を確認しましょう。

不要なオイルを拭き取る

きれいな自転車のチェーンの画像

最後に不要なオイルを拭き取ります。余分なオイルはホコリを吸着して汚れの元になるため、拭き取っておきましょう。布を当てながらチェーンを一周させることで、余分なオイルは簡単に拭きとれます。

チェーンオイルの選び方

ここからは失敗しないチェーンオイルの選び方をご紹介します!

自転車の用途から選ぶ

週末など、晴れた日に乗る人は「ドライ」タイプ

晴れの日に乗る人は「ドライタイプ」

週末など、晴れの日をメインに自転車に乗る人には、ドライタイプのチェーンオイルがおすすめ!ドライタイプのオイルチェーンはサラサラしていて、チェーンにゴミも付着しにくいのがメリットです。ただし、オイルが水分で流れ落ちやすいため、雨の日のライドには不向きです。

 

通勤通学やツーリングには「ウェット」タイプ

ウェットタイプはドライタイプよりも粘度が高く、雨や泥にも強いオイルです。 ホコリなどを吸着しやすいのが難点ですが、オイル自体の耐久性が高く、チェーンメンテナンスの頻度も抑えられます。雨でもツーリングや通勤通学で自転車に乗る人にはウエットタイプがおすすめ!

 

レース用なら「ワックス」タイプ

ロードバイクレースの画像

チェーンオイルの中でも、最もチェーンが汚れにくく、高い潤滑性を発揮するのがワックスタイプです。ドライタイプよりもさらに粘度が低いため、チェーンの周囲も汚さず、ベタつかないのも嬉しいポイントです。ただし、オイルの耐久性は低いため、どちらかといえばロードレースに出場する上級者向けで、ここぞという時に使いたいオイルです。

 

容器の使いやすさで、選ぶ

手軽さを求めるなら「スプレー」タイプ

スプレータイプのチェーンオイルの画像

メンテナンスを手軽に済ませたい人には、スプレータイプのチェーンオイルがおすすめ。知識や技術がなくても簡単にオイルをさすことができるので、メンテナンス初心者の方でも安心です。ただし、スプレーという構造上、ピンポイントでチェーンの内部にオイルを浸透させるのは難しくなります。

 

確実な効果を求めるなら「ボトル」タイプ

ボトルタイプのチェーンオイルの画像

ボトルタイプのチェーンオイルは、チェーン1コマずつにピンポイントで注油できるのが特徴です。スプレータイプとは違い、チェーン側面にもオイルが飛散しないため、チェーン部分への汚れの付着も防げます。

 

成分から選ぶ

●セラミック

セラミック配合のチェーンオイルの画像

出典:楽天市場

セラミックが配合されたチェーンオイルは、チェーンの動きをより滑らかにします。その他の成分を使用したチェーンオイルよりも高い効果に期待できますが、そのぶん値段も高くなる傾向にあります。

 

●PTFE・フッ素

フッ素樹脂配合のチェーンオイルの画像

出典:楽天市場

PTFE(テフロン)やフッ素を配合したチェーンオイルは、オイル自体の耐久性も高いのが特徴です。オフロードや雨の日に走ることが多い方や、なるべくメンテナンスの回数を減らしたい方に適しています。

自転車のチェーンオイルおすすめ10選

最後に、おすすめのチェーンオイル10選をご紹介します!

KURE/自転車専用チェーンルブドライ

ITEM
KURE(呉工業)自転車専用チェーンルブドライ
成分:ナノセラミックス(ボロン)、PTFE(フッ素樹脂)、エステル化学合成油、石油系溶剤
容量:130ml
製品サイズ:H160×W55×D35mm
製品重量:140g

「5-56」で知られる呉工業株式会社が手がけるチェーンオイル。サラサラとしたドライタイプなので、汚れも目立たず、注油後のチェーンも静かに駆動します。

100kmを超えるロングライドには不向きですが、スプレータイプでお手軽に注油できることから人気を集めています。

 


KURE/自転車専用チェーンルブセミウェット

ITEM
KURE(呉工業)自転車専用チェーンルブ セミウェット
成分:液化チタン、潤滑セラミックス(ボロン)、有機モリブデン、防錆剤、潤滑油
容量:200ml

こちらはKUREシリーズのセミウェットタイプの商品です。ドライタイプよりも長持ちし、ウェットタイプよりも汚れにくい、バランスの取れたオールマイティー型のチェーンオイルです。

100kmを超えるライドでも音鳴りすることなく、快適なライドを可能にしてくれます。

 


AZ/自転車用 チェーンルブ クリーン

ITEM
AZ 自転車用 チェーンルブ クリーン
成分:WAX、PTFE配合
容量:110ml or 50ml

ドライタイプの中でもとりわけ粘度の低いチェーンオイルです。通勤・通学や街乗りなどでも衣類や手を汚さずに注油できるのが嬉しいポイント。雨には弱いため、晴れの日だけ自転車に乗る人に最適です。

 


AZ/自転車用チェーンルブ マルチパーパス

ITEM
AZ 自転車用チェーンルブ マルチパーパス
成分:特殊合成油ベース、PTFE配合
容量:50ml or 100ml

同じくAZから販売されているチェーンオイル。こちらは長距離走行や未舗装道路の走行も想定した万能型タイプです。クロスカントリーレースにも対応しているため、雨の日や砂の多い道を走ることが多い人におすすめ!

 


ワコーズ/チェーンルブ

ITEM
ワコーズ チェーンルブ
成分:フッ素樹脂系固体潤滑剤など
内容量:内容量180ml

お手軽かつコスパの良い商品を探している人には、ワコーズのチェーンルブがおすすめ。リーズナブルなスプレータイプですが、フッ素樹脂系の潤滑剤がチェーンの高速回転をしっかりサポートしてくれます。透明な液はチェーンの見た目にも影響がなく、カラーチェーンに使用できるのも嬉しいポイント。

 


FINISH LINE セラミックウェット

ITEM
FINISH LINE セラミックウェット ルーブ
成分:超微粒子セラミック配合
容量:60ml or120ml or 945ml

多くのロードバイカーから人気を集めるフィニッシュラインのチェーンオイル。チェーンのノイズが少なく、雨の日に乗っても油膜が落ちにくいため、ツーリングや通勤通学では大活躍します。


FINISH LINE /ドライ テフロン

ITEM
FINISH LINE ドライ テフロン ルーブ
成分:テフロンフッ素樹脂、合成油、固形潤滑添加物
容量:60ml or 120ml or 200ml or 244ml or 500ml or 945ml

フィニッシュラインのドライタイプの商品です。ウェットタイプよりもサラッとしているため、ウェスなどでも拭き取りやすいのが特徴。ドライタイプなのでこまめに注油する必要はありますが、晴天時なら200kmほどのライドにも耐えうる強さを発揮します。

 


ブリジストン/Green Drive チェーンルブ

ITEM
ブリジストン Green Drive チェーンルブ
成分:100%合成油、有機シリカ、フラーレン(固体潤滑剤)
容量:50ml

ブリヂストンが販売するチェーンオイルです。少し値は張りますが、その優れた潤滑性と持続力はプロチームも採用するほど。晴天・雨天を問わず、200kmほどのライドでもパフォーマンスは落ちません。


MORGAN BLUE/レースオイル

ITEM
MORGAN BLUE(モーガンブルー) レースオイル
容量:125ml

ベルギーのケミカルメーカー「MORGAN BLUE」からは、ギアチェンジをスムーズにする成分を配合したチェーンオイルが販売されています。ドロッとした手触りに反して、チェーンやギアチェンジがすごく滑らかになると好評です。ほんの少量でも効果を発揮するため、コスパも◎。

 


Muc-off/C3 DRY CERAMIC LUBE

ITEM
Muc-off C3 DRY CERAMIC LUBE
成分:ナノセラミック、合成ポリマーなど
容量:50ml or 60ml

ドライタイプのなかでもトップクラスの耐久性と潤滑性を誇るMuc-off「C3」。そのパフォーマンスの高さから、ツールドフランスに出場するプロチームも愛用しています。付属のブラックライトを当てると、塗布した箇所が緑色に光るため、塗り残しもひと目で分かって便利!

チェーンオイルで快適な走りを取り戻そう!

ロードバイクに乗る笑顔の女性の画像

チェーンが剝き出しになっているロードバイクやクロスバイクでは、どうしてもチェーンが汚れたり錆びたりするもの。そうならない為にも、チェーンオイルを使ったメンテナンスは大切です。自転車の本来の走りを取り戻す為にチェーンオイルを使って、自転車ライフを楽しみましょう!

 

▼▼こちらの記事もチェック▼▼

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部