【初心者向け】サイクルコンピューターの選び方と定番モデル15選

速度・距離などを、計測できる、サイコンとも呼ばれる「サイクルコンピューター」のおすすめを紹介します。そんな多機能なサイクルコンピューターを使えば、サイクリングや通勤が、更に楽しくなるでしょう。今回はサイクルコンピューターの機能の解説や選び方、おすすめモデルなどをまとめました。

目次

  • サイクルコンピューターで自転車をもっと楽しく
  • サイコンの選び方。どんな機能がほしい?
  • 1万円以下で買えるサイクルコンピューター5選
  • 機能も充実。定番のサイクルコンピューター6選
  • 憧れの高性能サイクルコンピューター4選
  • PCやスマホとの連携で、よりリッチに活用
  • サイクルコンピューターはサイクリングの強い味方

サイクルコンピューターで自転車をもっと楽しく

サイクルコンピューターで自転車をもっと楽しく

出典:Flickr/hiroaki maeda

サイクルコンピューターは、自転車の速度・距離などを計測できるアイテムです。主にハンドル中央付近に取り付けて、自転車に乗りながら様々な数値が確認できる優秀なアイテムです。

 

目的地まで、時間や速度を測ろう

目的地まで、時間や速度を測ろう

サイクルコンピューターを使うと、走行速度やおおよその到着時間などが、ひと目で分かります。スペードや走行ペースを調整するなど、目的地まで、今まで以上に楽しむことができますよ!

 

ケイデンスが分かれば、もっと楽に速く走れる

ケイデンスが分かれば、もっと楽に速く走れる

サイクルコンピューターのなかには、センサーを付けてケイデンス(ペダルの回転数)を計測できるモデルもあります。

 

ケイデンスは、効率よく走るためには便利な数値です。これまで気にしていなかったケイデンスを意識するだけでも、走りの違いをすぐに実感できますよ!

 

▼▼ケイデンスの詳しい記事はこちら▼▼

 

ナビ機能でルートを計画的に走ろう

マップ表示されたサイクルコンピューター

出典:Amazon

サイクルコンピューターには、GPS機能やナビゲーション機能がついたモデルもあります。事前にパソコンで作成したルートをサイクルコンピューターに入れれば、スマホや地図をわざわざ見なくても、知らない道も走れますよ。

 

また、サイクリング後に計測したデータをパソコンに取り込み、ログを振り返るのもサイクルコンピューターを使った楽しみ方のひとつです。

 

サイコンの選び方。どんな機能がほしい?

ガーミンのサイクルコンピューター

出典:Flickr/Glory Cycles

 

ハイテクで多機能なサイクルコンピューターも、その機能を使わなければ宝の持ち腐れ…。自分が使いたい機能を搭載したモデルを選びましょう!

 

サイコンの標準的な機能

下記はエントリーモデルのサイクルコンピューターにも搭載されている基本的な機能です。

 

・走行速度

・走行距離

・走行時間 など

 

街乗りやポタリングがメインで、必要最低限のデータだけ分かればいいという方は、これらの機能が備わった1万円以下のサイクルコンピューターから検討してみるのがおすすめです。

 

上位モデルはGPSやナビ機能も充実

高性能なサイクルコンピューターには、さらに以下のような機能も搭載されています。

 

・ナビゲーション機能

・マップ表示

・心拍数

・ケイデンス

・スマホとの連携 など

新しいルートをどんどん開拓したい時には、マップ表示やナビ機能があると便利です。また、理想のペース配分や効率的なペダリングを身につけたい場合は、心拍数やケイデンスを計測できるモデルを選ぶと良いでしょう。

 

センサーとの連携は、無線式(ワイヤレス)が主流

サイクルコンピューターには、本体とセンサーをコードでつなぐ「有線式」と、BluetoothやANT+などでデータを飛ばす「無線式」の2種類があります。

 

現在はほとんどのメーカーにおいて、無線式が主流です。価格も有線式とあまり変わらず、有線式のようにコードを這わせる作業も必要ないので、無線式を選んでおくのが無難です。

 

以上の内容も踏まえて、おすすめのサイクルコンピューターを予算別に紹介します!

 

1万円以下で買えるサイクルコンピューター5選

基本性能を備えた1万円以下のエントリーモデルから見ていきましょう。

 

CAT EYE(キャットアイ)/CC-RS100W アウトフロントタイプ

サイコン初心者でも扱いやすい機能と、自転車を選ばないシンプルなデザイン。街乗りやポタリングの頼もしい相棒になるサイクルコンピューターです。

ITEM

キャットアイ CC-RS100W クイック アウトフロントタイプ
●本体サイズ:93.5×54×36mm
●センサー方式:アナログワイヤレス
●電池寿命:コンピュータ 約1年(1日1時間使用時)
●付属品:センサー(SPD-01)・ブラケットキット・センサーゴムパッド・ホイールマグネット・ナイロンタイ
●主な機能:走行速度・走行時間・走行距離・平均速度・最高速度・積算距離・時計

CAT EYE(キャットアイ)/CC-VT235W ベロワイヤレス

サイクルコンピューターの定番メーカー「キャットアイ」のエントリーモデルです。バックライト付きで夜間の走行も安心。セットアップも簡単です。

ITEM

キャットアイ CC-VT235W ベロワイヤレス プラス バックライト付
●本体サイズ:55.5×37.0×16.5 mm
●電池寿命:約1年(1日1時間使用時)
●主な機能:走行速度・走行距離・走行時間・平均速度・最高速度・消費カロリー・積算距離・時計・ペースアロー・バックライト

crops(クロップス)/W1009 ワイヤレス

取付けが容易なコンパクトサイズのサイクルコンピューター。街乗りやポタリングに便利な機能はすべて装備されています。

ITEM

クロップス W1009 ワイヤレス
●本体サイズ:34.0×41.0×9.0mm
●電池寿命: 約1年(一日平均1時間半使用の場合)
●主な機能:速度表示・最高速度・平均速度・カロリー計算機能など

ブライトン/RiderOne C

GPSサイコン入門用におすすめのモデル。自転車に取り付けて電源を入れるだけですぐに使えます。スマホアプリとの連携も可能です。

ITEM

ブライトン RiderOne E GPSサイクルコンピューター
●本体サイズ:71.0×46.2×16.5mm
●通信方式:Bluetooth・ANT+
●稼働時間: 約16時間
●主な機能:速度・距離・時間・1秒間隔記録・オートスタート/ポーズ
●センサー別売りの機能:ケイデンス・心拍数

iGPSPORT(アイジピースポーツ)/iGS50E

2.2インチの大画面スクリーンに、最大40時間駆動するバッテリーを搭載。スマホアプリとの連携も可能で、コスパに優れたモデルです。

ITEM

アイジピースポーツ iGS50E
●本体サイズ:85.8×53.5×17.85mm
●通信方式:Bluetooth・ANT+
●稼働時間: 約40時間
●主な機能:速度・距離・時間・高度・気温・カロリー・勾配
●センサー別売りの機能:ケイデンス・心拍数

 

機能も充実。定番のサイクルコンピューター6選

続いて、さらに機能の充実したおすすめサイクルコンピューターを紹介します。

 

CAT EYE(キャットアイ)/CC-GPS200 アベントゥーラ

標準機能に加えて、オートラップ機能・カウントダウン機能・簡易ナビも搭載。1台目のサイコンには申し分のないスペックを持つモデルです。

ITEM

キャットアイ CC-GPS200 アベントゥーラ
●本体サイズ:54x87x22mm
●センサー方式:GPS・BluetoothまたはANT+
●連続使用時間:約80時間
●主な機能:速度(走行・平均・最高)・距離(走行・積算・目的までの残)・時間(走行・トリップ)・時刻・高度(標高・標高差・登坂)・ラップ計測・簡易ナビ・バックライト
●センサー別売りの機能:・ケイデンス(現在・平均・最高)・心拍(現在・平均・最高)・パワー(現在・平均・最高)

キャットアイ/CC-RD500B ストラーダ スマート

スマホをGPSセンサー代わりにすることで、他のGPS対応モデルよりも手に取りやすい価格を実現したコンパクトなサイコン。ケイデンスと心拍数のセンサー付きで2万円以下とコスパ良しです。

ITEM

キャットアイ CC-RD500B ストラーダ スマート
●本体サイズ:47.0×32.0×13.2mm
●センサー方式: Bluetooth SMARTセンサー
●電池寿命:約5ヶ月
●主な機能:走行速度・積算距離・ 走行距離・走行時間・平均速度・最高速度・ケイデンス(センサー別途)・心拍数(センサー別途)

LEZYNE(レザイン)/SUPER GPS

トラッキング精度が非常に高いGPS内臓のサイクルコンピューター。レザインの代名詞でもある大画面ディスプレイは、好みに合わせて表示をカスタムすることも可能です。

ITEM

レザイン SUPER GPS 2019 スペシャルエディション カラーボディーモデル
●本体サイズ:42.9×67.8×27.5mm
●センサー方式: BluetoothまたはANT+
●使用時間:約24時間
●主な機能:ナビゲーション・速度・距離・時間・高度・気温・心拍数・ケイデンス・パワー

TOPEAK(トピーク)/パノコンプ X ワイヤレスセット

トピークからはバックライト付きの大画面モデルがリリースされています。スマホと連動してデータを表示する「リモートモニターモード」と、センサーからのデータを直接受信する「コンピューターモード」の使い分けが可能。センサーも付属しています。

ITEM

トピーク パノコンプ X ワイヤレス セット
●本体サイズ:73×51×19mm
●センサー方式:Bluetooth
●使用時間:約24時間
●主な機能:速度・距離・時間・ケイデンス・心拍数・気温・斜度・高度・消費カロリー

GARMIN(ガーミン)/エッジ25J

言わずと知れた高級サイコンの定番ブランド「ガーミン」のエントリーモデルです。機能性や耐久性は、ガーミンブランドの折り紙付きです。

ITEM

ガーミン エッジ(Edge) 25J 日本版 本体のみ
●本体サイズ:40×42×17mm
●通信方式:Bluetooth
●稼働時間: 約8時間(標準使用時)
●主な機能:時間・距離・速度・走行ログ
●センサー別売りの機能:心拍数・ケイデンス

BRYTON(ブライトン)/Rider420E

プローチームも採用している「ブライトン」のスタンダードモデル。どの角度でもハッキリ見える光学ディスプレイ、ターンバイターン方式のルートナビ機能など、使いやすさに優れたモデルです。

ITEM

ブライトン RIDER420E GPSサイクルコンピューター
●本体サイズ:83.9×49.9×16.9mm
●通信方式:Bluetooth・ANT+
●稼働時間: 約35時間
●主な機能:速度・距離・時間・ラップ計測・走行ログ・着信表示・電動変速システム対応
●センサー別売りの機能:ケイデンス・心拍数・パワー

 

憧れの高性能サイクルコンピューター4選

続いて、高性能なサイクルコンピューターをご紹介します。

 

WAHOO(ワフー)/ELEMENT BOLT

詳細地図によるナビゲーション、自分の現在地を知らせたい人にだけシェアできるライブトラッキング機能も搭載。エアロダイナミクスを取り入れたスタイリッシュな見た目も人気です。

ITEM

WAHOO エレメントボルト ブラックボディ GPS
●本体サイズ:74.6×47.3×22.1mm
●無線通信方法:ANT+, Bluetooth Smart
●稼働時間:15時間以内
●主な機能:速度・距離・走行ログ・ナビゲーション・着信表示
●センサー別売りの機能:パワー・ケイデンス・心拍数

GARMIN(ガーミン)/Edge530

ガーミンの主力モデル「Edge530」。フルカラーディスプレイに、平均勾配をグラフ化する「Climb Pro」、さらには振動を検知するバイクアラーム…至れり尽くせりの機能が搭載されています。

ITEM

ガーミン エッジ 530 日本版 本体のみ
●本体サイズ:50×582×20mm
●通信方式:Bluetooth
●稼働時間:最大20時間
●主な機能:速度・距離・時間・気圧高度・ナビゲーション・ラップ計測
●センサー別売りの機能:心拍数・ケイデンス・パワー

POLAR(ポラール) /M460 OH1

パワーメーターとGPSを連携し、トレーニングに必要なデータを詳細に表示するサイクルコンピューター。心拍センサーからは、トレーニングの負荷や疲労の回復状態も把握することができます。

ITEM

ポラール M460+OH1 GPS 心拍センサー スペシャルパッケージ
●通信方式:Bluetooth
●稼働時間: 最大16時間
●主な機能:速度・距離・時間・高度・斜度・着信表示・心拍数
●センサー別売りの機能:ケイデンス・パワー

POLAR(ポラール)/VANTAGE M GPS

POLARからはリストウォッチ型のコンピューターも販売されています。自転車用マウントをつければサイクルメーターとしても使え、腕につければスイムやランのデータを計測することも可能です。

ITEM

ポラール Vantage M
●本体サイズ:‎46 x 46 x 12.5 mm
●通信方式:Bluetooth
●稼働時間:トレーニングモード最大30時間(高精細GPSと手首での心拍計測時)・ウォッチモードで最大5日間
●主な機能:心拍・サイクリング・ランニング・スイミング・トレーニング分析

 

PCやスマホとの連携で、よりリッチに活用

サイクルコンピューターをパソコンに連携

出典:Amazon

サイクルコンピューターのなかには、パソコンやスマホアプリと連携できるモデルもあります。ルートの作成やログの管理、仲間とのデータ共有など、自転車がもっと楽しくなる機能がたくさんあるので、購入後はアプリをダウンロードして、存分に楽しみましょう!

 

サイクルコンピューターはサイクリングの強い味方

自然の中でロードバイクのそばに立つ男性

最初はハードルが高そうに思えるサイクルコンピューターも、一度手にするとあまりの便利さに手放せなくなるものです。

 

レースやトレーニングなどの本格的な用途だけではなく、普段の街乗りやポタリングでも、十分に自転車の楽しさを引き出してくれます。

 

ぜひ自分に合ったサイクルコンピューターを選んでみてくださいね!

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。